2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03
     

親子で下田へゴーゴー! の巻

実家生活がそろそろ終わりが近づいてきた本日は、朝から雨。台風21,22号が通過後、比較的いい天気が続いていたというのにな。昨日、実家の畑に大根の種をやっと蒔いたので、大根の種もその前に植えた玉ねぎにとっては、うれしい雨だろうけどね。


実家では存分にブログ更新できるだろうと思っていたけれど、全然できなかったなぁ。やれる!という時間にTVを見てしまうと見入ってしまうし・・・ ま、しゃーないですな。
では、11月お初の更新の今日は、台風21号が接近していた10/21&22の週末に出かけた下田のお話を綴りまふ。
この旅行は父の恒例の兄弟旅だったのだけど、三男叔父夫婦が行けず、帰国してみたら、長男叔父夫婦も行けなくなっていて、結果、親子3人旅になっておったとさ。

IMG_784800320.jpg
行きは、道の駅3か所に立ち寄ったkiki親子。雨により、観光する気分が失せていたという話もあるけど、kikiママは、道の駅に寄れるだけで、楽しんでたんじゃないかと。

ここは最初に立ち寄ったのは、伊豆のゲートウェイ函南
今年の5/1にオープンしたそうで、まだ新築さをバリバリ感じた道の駅でござった。

建物の通路でお店を出していた農家さん?の野菜をパチリ。水菜なんて1束20円!冬瓜は1個50円という安さだったの。帰りにまた寄って買っていこう!とkikiママと話していたのだけど、農家さんの出店は土曜日だけだったというね。

IMG_784500320.jpgIMG_784600320.jpg
IMG_784700320.jpg
私がプラプラしていた間、kikiママは密かに農家さんのお店でミカン詰め放題(500円ぐらい)に挑戦していましての。その姿を見つけて、途中から私に交代。娘、燃えましたよ。無言で黙々と詰めた結果、29個+3個オマケにもらって、32個
私が詰め終わる頃に詰め放題を始めたご夫婦のご主人に、「家のも詰めてもらいたいぐらいだよ。」と言われて、おっほっほな気分になりましたわ。

この早生みかんが美味しかったので、帰りにまた詰め放題に挑戦するつもりでいたけど、残念ながら出来ず。

PA20049000320.jpg
修善寺辺りを走行中、前方に滝を発見!
案内板によると、この滝は旭滝。雨が降ってさえいなければ、立ち寄りたかったけど、行きも帰りも雨が結構降っている時で、断念。
その先では、川津七滝なる看板もあり、車内で「 行きたかったなぁ~見たかったなぁ~」と、窓越しから降る雨を見ながらぼやいていた私であった。

下田に向かっていると、天城の文字が。天城と言えば天城越え。そして、浄蓮の滝!!
娘のリクエストにより、立ち寄っていただきましたとさ。広くはない駐車場はバスと一般車でいっぱいだったので、「あっちにまわってみたら?」と娘の一言。「行けるのか?」と戸惑い気味に運転していたとーさんに、「行ける!」と言った時、そこが逆走ルートであることに気が付いたのだが、駐車場を1周出来ず、まさかの行き止まり。軽くキレてたとーさんであったが、後部席では「そのままバックして出たら?」と、ゲラゲラ笑う娘1人がおったとです、はい。

PA21052200320.jpgPA21052700320.jpg
とーさんは、この手の観光に興味ない人なので、車内待機。母娘だけ、傘をさしてレッツゴー浄蓮の滝。

PA20049300320.jpg
「はぁ~帰りの登りが辛いねぇ。」と何度か言いながら、下っていたかか様。雨降りの日は、傘もさしているし、年齢関係なく、階段で足を滑らせないように気を付けないといけませぬが、私の頭の中では、「隠しきれないぃ~移り香が~」と、天城越えがヘビロテしてましたよ。きっとここに来ていた人の大半の観光客は、頭の中で天城越えを歌いながら、浄蓮の滝に向かって歩いているはず。

PA21049500320.jpgわさび沢が見えてきた辺りでは、ヤマメ?アユ?小マス?焼かれていたのがどの魚なのかわからないけど、このように火鉢で焼かれていたの。1匹450円と書かれていたけれど、この値段が安いのか、高いのかは不明。

行きも帰りも食べている人がいなかったので、帰路は、いつまで焼いておいておけるのか気になりながら坂を上ったkikiさんなり。

Mrが一緒だったら、川が見えた時点でテンション上がり、こんな看板を見たら、「釣りたい!釣りしたい!」とうるさい男になっていたはず。

PA21051400320.jpgPA21051300320.jpg
釣りの料金は少々お高めな気がしたけれど、清流の女王と呼ばれている、釣り人の憧れの魚・あまご。ここではこのあまごが釣れるかも?!実際見たら、きっと体の模様はもっときれいなんだろうな。

PA21050000320.jpgPA21050200320.jpg
そして、浄蓮の滝に到着!
上から滝までは徒歩10分程度。
晴れている日だったら、水の色がもっときれいに見えるのではないかなぁ。
天城越えの楽譜と、石川さゆりさんの顔が掘られた記念歌碑もあったよ。


この浄蓮の滝では、滝と一緒に見なければならないのが、滝のサイドの断崖に群生している、ハイコモチシダというシダ。

PA21049800320.jpgPA21050300320.jpg
PA21050400320.jpg
ハイコモチシダは、1917年に国内ではこの浄蓮の滝で初めて発見されたので、ジョウレンシダとも呼ばれているそう。
日本国内では、九州南部と伊豆半島でしか見られないんだって。海外では、中国南部・台湾からヒマラヤにかけてだけに分布していると書かれていましたよ。シダってどこにでも生えてきそうな植物だけど、伊豆に生える理由というのはなんなのかな?水はもちろんだろうけど、海とも関係するのかな?

PA21051600320.jpgPA21051700320.jpg
流れ落ちた滝の水は、この川へと流れ、その横にはわさび畑。わさび畑のある場所は、水がきれいな証拠!水がきれいな場所でなければ、育つことが出来ない植物だからねぇ。わさび商品を売るお店がわさび畑の手前にあり、生わさびを買おうかどうしようか迷ったけど、生鮮食品は帰りに買おう!という話になり、ここでは何も買わずに車に戻りましたとさ。

PA21052600320.jpg帰りに撮影しようと思っていた、顔出しパネル。kikiママと撮影し合っていたら、かわいらしい女性の方が「撮りますよ。」と声をかけてくれまして、母娘でイノシシになってみた。

帰国中、香川のモールにイノシシ侵入、大学構内や住宅地にイノシシ出没とか、イノシシの被害が増えている模様の日本。すっごく早く走る動物なので、ハイキング中に突進してきちゃったら?と想像すると、逃げ場を探す時間もなく、体当たりされそうで怖い。


そして、ループ橋なる道路をくるくると下り(写真は帰路に撮影)、伊豆半島縦断で、やっとこさ海!
PA21058000320.jpgPA21053100320.jpg
海はやっぱり晴れている時に来ないとですよね・・・ オレゴン州旅行中も海に立ち寄ったけど、あの日も雨だったのよねぇ。時化てて、美しいであろう海岸線もモノトーンな世界と化していましたぜ。

PA21053200320.jpg
この日、3つ目の道の駅は、開国下田みなと
お宿のすぐ隣だったので、近くてよかったけれど、ん~~ここは大したことなかったなぁ。閉店しちゃってたお店もあったので、ここを訪れるには時間が遅すぎただけかも。

上の階にあがってみたら、またもや顔出しパネルがあったので、ムリクリ親2人に顔を出させて記念撮影パチリ。顔出しパネル好きから言わせてもらうと、こういうパネルのある場所には、カメラを置ける棒1本でいいから、設置してくれるとありがたい。

PA21053300320.jpgPA21053400320.jpg
この旅行のお宿は、父が定年退職した会社の福利厚生が利用できる、伊藤園ホテル。熱海に行った時と同じ伊東園ホテルでござった。部屋から見た海。海側の部屋だったのはよかったけど、台風接近前のダークな海に面白さはない。

EMWX188500320.jpgIMG_785000320.jpg
伊東園ホテルでの食事は、朝夕共にバイキング。
熱海と下田の伊東園ホテルを比べると、熱海の方が食事は断然よかったなぁ。夕食の時間に合わせてロビーへと向かった時、「蟹の食べ放題フェア」期間中であることを知ったkikiさん。カニを食べる速さに関してはなかなかの腕前?のkikiさんなので、よっしゃー、ビール飲みながらカニ食いまくるか!と気合を入れてみたのだが・・・
ニのコーナーに行ったら、あまりにもカニがしょぼくて、意気消沈。食べてみたら、見た目から想像する身だったので、カニを食べまくることなく終わってしまった。

下田親子旅 その1はこの辺で。その2につづく~   

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ