FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

病院通いしてた帰国1週目! の巻

2週連続台風通過で、この週末も雨・・・
最大勢力と報道されていた台風21号は夜中3時頃に御前崎付近を上陸し、通過。夜中、停電したらしいけど、御前崎では被害が出た所はなかったかと。まだ強風が吹き荒れていた翌日23日は人間ドック日だったけれど、朝、道路が葉や枝などで散らかっていなかったので、大したことはなかったんだな?と思っていたのだが、各地で浸水、土砂崩れ、道路陥没、海では堤防が破壊されたり、港では船が陸にあがってしまっていたり、転覆していたり。台風の被害に遭った所があちこちで発生しており・・・
台風22号は、本州への上陸はない予報だけれど、この雨で更なる被害が出ないことを祈るのみ。

ローガンズ仲間には、沼女パワーだの、沼女が台風を呼んだだの、言いたいこと言われてるけど、違うから!!!
でもね、以前は、帰国中に必ず地震が発生してたし、3年ぐらい前は帰国中に27年ぶりだとかいう大雪が降ったりしているので、何とも言えない複雑な気持ちもあるkikiさんなり。


帰国後、最初の1週間は病院通いで終了。

最初に受診したのは口腔外科。
9/5に左下の奥歯を抜歯。抜歯時にはこれといった説明がドクターからなかったのだけど、痛みが続いたので、1週間後、診察の予約をした。説明をちゃんとしてもらうべく、Mrに帯同してもらったら、聞きたいことに関してはそれなりに応えてくれた口腔外科医 その話を火曜の会話グループでしたら、アメリカ人のシャーロンに、「気になる病状の時は、1人で行くより、誰かと一緒に行くべし!」という話が1つ。アメリカ人でもそういうものらしいと知ったその日。

将来的にはインプラントをする、ということでの抜歯とボーンぐラフティングをしたわけなのだけど、私の場合は骨まで浸食?が達していて、アメ人口腔外科医には、「抜歯自体も思っていた以上に時間がかかったし、抜歯してみたら、想像していたより状態が悪かった。ベースになる骨が十分にないので、インプラントは出来ない。入れ歯も必要ないし、このままの状態のままでよし。」と。個人的にはちゃんとレントゲン撮影してもらって、現状がどんなふうになっているのか診てもらいたかったのだが、「レントゲン撮影は必要なし!」と言われ、その後のフォローアップの診察も終了。

骨まで影響が出ていたことが気になり、この状態で本当にいいのかどうかを診てもらいたいと思っていた私。帰国後3日目にkikiママの口腔外科の定期検診の予約が入っていたので、私も一緒に口腔外科へ。

そしたら、アメ人口腔外科医と日本の航空外科医の話が正反対で、瞬きパチパチしまくったkikiさん。
まずは、日本でインプラントする場合の抜歯時、ボーングラフティングはしない。するところはないと思うと言われ、 えぇー、そうなんですか?? 
インプラントできないと言われた時、出来ないのなら、ただの抜歯でよかったじゃん!無駄にお金払っただけじゃん!と思っていたので、この言葉には更にがっかりさせられましたわ。帰国まで放置しておけばよかったなと。

それから、レントゲン写真を見ながら、まず言われたことは、「これだけあれば、インプラントは問題なくできますよ。」と。マジですか?
骨は元に戻ってくるし、何の問題もないと説明1つ。このまま歯がない状態だと、上の歯が伸びてきて、そのままにしていれば、将来的に上の歯もダメになってくるとのこと。インプラントはやりたいと思った時にいつでもできるので、そのままの状態にしておくよりは、支えられる入れ歯があった方がベターだとお話1つ。私は定期的に状態にないので、日本でインプラントを受けることは出来ないのだけどね。

インプラントに関しては、日本よりアメリカだと聞いてはいたけど、ここまでドクターの意見が違うとは思わなかったなぁ・・・


10/23に受けた人間ドックの結果はまだ受け取っていないけれど、今回は2年ぶりに胃カメラ検査を受けてきた。今回も麻酔でお願いしたのだけど、目覚めた時、ぼーっとした頭の中で、ゲーゲーやってた記憶にない記憶が浮かんできた。その胃の方は、検査後のじーちゃん先生の話によると、「きれいですね。これぐらいひだがれば、よく食べられるね。」と褒められた?が、小さいポリープが散在と、画面に表示されてたな。

検査以外のこととして、気になっている指の関節の痛みについて聞いてみたら、「リウマチかな。第2関節や手首が痛む時はリウマチ」と言われ、リウマチなんて困る…嫌だ・・・ 
痛みがあるのは、右手中指、左手人差し指と薬指の第2関節なんだけど、左手薬指の第2関節は太くなっているようで、指輪を外すのが大変で、指輪を外しているべきか?と思うぐらいなんですわ。

ということで、翌日、また市立病院に出向き、リウマチセンターもある内科を受診。
先生の所見では、腫れはないので、リウマチという可能性は低いと思うけど、関節が痛む原因はリウマチ以外にも色々あって、膠原病の場合でも出ることがあるとのこと。 甲状腺との関係もなくはないらしいが、膠原病ともお付き合いしたくないんですけど・・・
リウマチだとしても初期の場合は数値として出ないと言われたけど、出来れば痛む原因をはっきりさせたい!と私が話したこともあり、手足のレントゲン、手の指と手首の超音波検査、尿検査と血液検査を受けてきた。血液検査は、前日の人間ドッグの検査に入っていなかった項目を調べますということだったけど、採血室でナースさんに「今日は沢山採りますね。」と。ケースに入っている試験管を見ながら、「何本あります?」と聞いたら、11本
お支払い時、16,340円と言われて、 放心状態になってしまったけど、原因がわかるといいなと思うてます。こちらの結果は11/7まで待たねばならぬのだが、この金額だったら、コネチで受けても変わらなかったかも?!

昨日会ったみぽりんも同じように左手薬指の関節が痛んでて、幅も太くなっているらしく、指輪を外していると言ってたの。同じ症状を持っている人がいて、なんか安心してしまったけれど、この年齢になると、元気に過ごせていても、なんらかの不具合がどこかしらに出てくるものなのだろうね。

あ、そうそう。昨日、「アメリカってインフルエンザの予防接種をドライブスルーで出来るんだって?」と聞かれたんだけど、んーー私の住んでいるエリアでは聞いたことないですなぁ。「ドライブスルーでやっている所は知らないけど、薬局に行って薬剤師に打ってはもらうよ。保険でカバーされているから、無料だし。」という話はしたけど、ドライブスルーのフル―ショットはどこぞの州やどこぞの街ではやっているのかもですなぁ。


今日は雨音聞きながら家で過ごしているけど、引き続き、結果を待ちながら実家生活続けまーす。 

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は18年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、夫は駐在員、私は駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。