2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

健康診断関係、一応終了・・・の巻

予防接種の証明をもらう為にホームドクターに会ったのは7月19日。それから1ヶ月と5日。
多分、これにて完了。

今日、MMR(新三種混合)の予防接種を、移民局指定のドクターの所で受けてきた私。問題なく1発打ってもらうだけで終わるはずだったのに、今日も、“なぜこうなるのよ??”と、思考回路フリーズ状態のはにわになった私。でも、これで健康診断関係は終了だ。なんか素直に万歳出来ないけど、あれこれ考えるのはやめておこう。

今日までの経過をお話しすると・・・
麻疹の予防接種が受けられる!と喜んだ20日月曜日。うれしくて、My Blog #477に記事を載せた私でありましたが、目の前にまたヌリカベが・・・ 

22日(水)の午後、ホームドクターのオフィスから電話があり、「麻疹の予防接種を受けられるのは10月中旬になるので、あなたの予約はキャンセルします!」 “ キャ、キャンセル?”
「それなら、MMR(新三種混合)の予防接種を打ってもらえませんか?」と聞くと、「MMRを打つことをドクターはリコメンドしません!」とのお返事。「弁護士は永住権の申請を出してしまったので、10月中旬までは待てません。」と言うと、「・・・何言っているのかわからないわ。金曜日の予約はご主人だけで、あなたのはキャンセルですから。」と言われ、電話を切られてしまった。“て、てめぇぇ・・・”

今回の件で、ホームドクターが面白くないのはわかる。判断を曲げたくなかった事もわかる。だから麻疹の予防接種だけにこだわるのもわかるけど、医者って、患者がおかれている状況も考えるべきじゃないか?って、勝手な事を物申すと、私はそう思うんだよねぇ。
MMRを打つと何か問題があるの?と思ったけど、HSさんは、風疹をやっていなかったけど、今はそれだけの予防接種がないからMMRを打った、と言ってたし、彼女の同僚の方は、免疫がつかずMMRを2回打ったそうだし・・・私の血液検査の結果の1.06と言う数値から判断するば、打っても問題ないと思うのだけど。 

予約キャンセルの電話の後、Mrに電話をし、「もう私しらない!これ以上何かする気になれないから!」と気持ちをぶちまけた。すると、Mrが「Dr. Jacobの所でドクターを紹介するって書いてあったよ。聞いてみる?」と。「それはホームドクターがいない場合でしょ?ホームドクターがいるのに、誰を紹介してくれるのよ。日本じゃあるまいし。」とブツブツ。

その後、MrがDr. Jacobのオフィスに電話。「Jacobの所でも麻疹だけのワクチンはないけど、MMRなら打ってもらえるんだって。でも保険がきかないから$90払う事になるらしいけど。」とMr。「・・・$90払って終わるなら、そうする。ホームドクターがやってくれないなら、そうするしかないし。」 

そして今日24日。
Mrは、9:45amの予約時間に合わせてホームドクターのオフィスへ。血液検査の結果をもらい、それをDr. Jacobのオフィスにファックスをして完了。

私は、10時の予約時間に合わせ、Dr.Jacobのオフィスへ。が、予約者の中に名前がないらしい様子。しばらく待たされた後、名前が呼ばれた。診察室に通されると、医療事務の方?から「ちょっとわからないんだけど、先に話を聞かせて。」と。“なに?何の話?” 

「すでに健康診断書を出したのに、なぜMMRを受けに来たのか?」と聞かれた。質問の意図がわからず、困困 目が点。今日は、一発ブスッとMMRワクチン接種をして終わるだけのはずだったのに・・・
“すでに診断書を出したって言われても、あれはpartialなもので、completedなものじゃないし・・・どういうこと?”頭グルグル状態。何をどう聞けば、話せばいいのかわからず、頭を抱えてしまった。

そして、
*15日に受け取った健康診断書は途中経過のものだと思っていたこと。
*最終的な診断書を作成してもらうには、健康診断の後に指摘された私の麻疹の予防接種と、Mrの血液検査の結果が必要であること。
*麻疹の予防接種は、ホームドクターの所では10月中旬にならないと受けられないし、MMRの予防接種は打ってもらえないこと。
*弁護士は、先週、GC申請書類を移民局に送ったので、今月末までに最終的な健康診断書を出して欲しいと言われていること。だから10月中旬まで待てないこと。

頭混乱のわけわからんちん状態だったので、上記の事を順番にちゃんと話せたわけではないけど、必死に伝えた・・・つもり。今までの経過を彼女がどこまで知っているのかわからなかったけど。
「だから、メディカルドキュメントはもう渡したでしょ。」と言われる度に、同じ事を繰り返し言っていたような・・・。そして、「政府の方から何か言われたら、その時対応すればいいでしょ。」とも言われた。“そんな事は私じゃなくて、弁護士に言ってくれよ。”だ。弁護士が今月中に!と、Mrに何度も言ってくるから、私は何とか今月中に終わらせようと頑張っているのに、なんだよ、みんなしてぇぇぇーーー!もう、うるさぁぁーーい!!と日本語でまくし立てたい気分になった。弁護士に対しても、“お前のせいだ!”と思ってしまったもん。
「私は麻疹、またはMMRのワクチンを打つ必要はあるの?ないの?」と逆に聞けば、返事がないし。

彼女が持っていた私の健康診断の書類を元に、ここに至るまでの経過を説明した後、MMRを打つことになった。といって、彼女がどこまで理解してくれたのかわからない。私の頭と気持ちはぐったりフラフラ。

MMRを接種する前に妊娠検査薬で妊娠の有無を調べ、その後、「タイレノールとアドヴィルのどっちがいい?」と聞かれ、痛み止めを飲まされた。(ちなみに私はタイレノールを選択) MMR の注射は、正直、痛かった。

$90を支払った後、「completedの診断書はいつ受け取れますか?」と聞くと、再度、I693の書類にサインが必要だと言われ、サインしてきた。(Mrは受け取りの時にサイン) 診断書は、ドクターが再度作成する事になるそうな。途中経過のものでもコピーはカルテにも残していないんだよね。出来上がったら、電話してくれるそうな。でも、来週、Mrはミネソタに出張でいない・・・

今日は、私が待合室で待っている間、4人の人が健康診断書を受け取って出て行った。“私も彼女達みたいにすんなり終わらせたかったなぁ。” しみじみ思っちゃった。

2007年8月は、予防接種証明の事で振り回されて終わってしまった。今後のGC申請のプロセスについては知らないけれど、問題なく進みますように!と、祈るだけ・・・

今回の予防接種証明の問題に関しても、もし私が流暢に英語が話せたら、こんなに苦労する事はなかったんだと思う。その度に、自分の言いたい事すらポンポン口から出てこない乏しい英語力を情けなく思い、落ち込み、落ち込んで入られない!と這い上がり、また打ちのめされ・・・ま、結局は、英語力のなさをビシバシ痛感させられただけ、だったな。悲しいけど 悲
CT生活7年間で、今年の夏は忘れられない夏NO.1だなぁ。全然楽しい思い出じゃないけど・・・ kiki印

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

コメント

ご苦労様です。確かに事は思惑通りには進みませんね、これって。私も何度頭にきたことか。でも終わる、終わりは来るんだ、KIKIがんば。

★A子さんへ★

予防接種証明の血液検査の結果から、ここまで時間がかかる事になるとは、全くの予想外でした。健康診断の1つの経過に過ぎないのに・・・

気が沈んでいる時、A子さんがくれたコメントの「道は開ける」って言葉を思い出してね。“道は開けるのだぁー!なせば成るのだぁー!なさねば成らぬ何事もなんだぁー!”と、何度か気持ちを切り替えられました。ありがとう。
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ