2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

Maine Avenue Fish Market, DC

PB250528.jpg11月25日(日) 
kikiさん、朝の一押しでございます。

朝の閑散としたモールで、太極拳をやってきたわけではございませんョ。ワシントンDC滞在で、最後に撮影した写真がこれだったので。いい年こいて、未だこんな姿で写真に納まるのはどうかと思いますがね・・・いい加減、大人になろうよ、自分。

さて、ホテルをチェックアウトした後、「ホワイトハウスの写真を1枚撮って帰るか。」と言いながら、出発。I395を走っている時、「(一般道へ)降りちゃった方がわかりやすいかも。」と言う事で、ポトマック川を渡ってからすぐのExitを降りてみた。詳しい地図がなかったので、とりあえず右折してみると、

フィッシュマーケット発見!  Maine Avenue Fish Market!

なになに?と横目で見ながら通り過ぎ、「寄っていこう!」
そんなに賑わっていなかったけど、買いに来ている人は、旅行者と言うよりも普段買いに来ている人のようだった。観光ポイントではないから、日本のガイドブックには載っていない場所。あとで、ホテルに置いてあったWhereというフリーの?ガイドマガジンを見たら、そこの地図には載っていたよ。

PB250526.jpgPB250523.jpg

大きく分けて4軒ほどのお店があり、どのお店も、魚・カニ・海老、売っている物はほとんど同じだった。フィッシュマーケットだからと言って、値段は、普段スーパーで買うのと変わらないぐらい。歩いているだけで声をかけてきて、お店によっては、魚介類を挟んでお店の人も一緒に歩いてついてくる感じ。どのお店でも目玉は、Blue Crab!雄・雌に分けられていて、「雄雌どっちがいい?こっちは卵がいっぱいついているよ!」 この辺りのシーフードと言えば、カニですからね。(勝手にそう思っているだけだけど。) バケツ一杯買っている人もいたよ。 茹でたカニもあり。

PB250524.jpgでもって、Mrが選んだのはカニ、じゃなくて牡蠣。
牡蠣を目の前にしてすぐ、「買うよ!」 ハーフダズン(6個/$5.50)お買い上げ。朝から生牡蠣。アジア系のおじちゃんがテキパキむいていた。Mrが1つ食べた後、お店のすぐ前で食べるのはどうかと思い、移動しようとしたら・・・ 
 バキッ  
片手で持った私がいけないのだけど、プラスチックのプレートが牡蠣の重さに耐え切れず、生牡蠣が地面へ散らばってしまった。悲 Mrに「あーぁ・・・もうだめじゃん」と言われながら、牡蠣を拾ってゴミ箱へ。もしかしたら?の期待抱いておじちゃんに聞きにいってみたら、一瞬ためらった様子だったけど、「xxxx No payでいい xxx」と言ってくれて、新たに牡蠣6個をくれたの。バンザイ!聞いてみるものだ。

PB250525.jpgPB250533.jpg

Mrが、それでは申し訳ない!と言い、同じお店で茹で海老を購入。買ったのは、真ん中のLargeサイズの海老。1/2lbで$8.00+Tax。結局、カニは買わず食べずで、ここをあとにした。そして、White Houseには寄らず、ワシントン記念塔を一押し。

Maine Avenue Fish Marketの住所やマップはこちらのサイトで見られます。
www.yelp.com/ → Maine Avenue Fish Market
今、↑ ここに載っていた評価を読んだら、“ブルークラブを買ってくるべきだったか?”と、ちょっぴり後悔中の私。ってか、カニが食べたくなってます。この時はサンクスギビングホリデー中だったから、普段はお客さんがもっと多いのかもしれない。これまた次回、D.C.を訪れた時に立ち寄る場所の1つにしておこう。
フォトギャラリーのサイトも見つけたので、どんな感じの所なのかご覧になりたい方は
こちら をクリックしてみてくださいナ。 kiki印

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ