2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

シルビアの誕生日パーティーへ! の巻

12月8日(土) ペルー人のシルビアのバースデーパーティーに呼ばれ、スーと出かけた。招待状には3時からと書かれていたけど、3時から来ていたのは、ESLのクラスメートの3人、インド人シスターのビンシーと私達だけ。親戚や他の友達の方は、5時前後にドドドッとやってきた。

私達が到着すると、シルビアと3人の息子さん達が出迎えてくれた。スーは、息子さん達に会うのが初めてで、長男・ホセを見て「ハンサム!」ちょっと目が 笑顔が素敵で、温かいオーラを感じちゃうホセなんでありますよ。
スーは太巻きを、私は久しぶりにタコ焼きを作って持参したのだけど、シルビア家4人があっという間に平らげてた。(笑) シルビアも子供達も他の国の料理に興味があり、何でも食べるそうだけど、ご主人は、100%ペルビアンフードイーター。


PC080018.jpgホセは25ぐらい、次男のケビンは16、三男のブランドンは8歳。3人がそろうのは初めて見たけど、すごく中がいい兄弟。そして3人とも皆、いい子!ホセにいい子、って言うのはおかしいけど。(笑) 上2人は、以前は路上でも大喧嘩しちゃうぐらいだったそう。「ケビンは常にトラブルを持ってくる!」とよく言っていたけど、私から見るとそんな雰囲気ゼロ。ハードロック好きで、モヒカンだった事もあるみたいだけど、今は前髪だけ金髪だけど、部屋で聞こえないぐらいの音でエレキ弾いてたり、私達に気を使って色々話しかけてくれたり。「手伝って!」と言えば、文句も言わずにすぐ来てくれるし。私より腰が軽い。16ぐらいの男の子って、親の友達なんて知るかっ!って思っちゃう年齢でしょ、普通。

写真は、シルビア家のどでかいクリスマスツリー。人工のツリーだけど、生木に見える葉っぱなの。家のとは全然違う! 驚くのはツリーだけじゃなくて、

ジャジャン!数々のペルー料理ざます!
生野菜、マカロニ&ポテトサラダ以外はすべてペルビア~ンなお料理。パーティーの主役なのに、すべてシルビアの手作り。朝7時半から準備に取り掛かっていたそう。

PC080029.jpg私達3人は、彼女を手伝いながら、テーブルにおいてあった料理に驚き、オーブンから次々と出て来た料理にこれまた驚き、まじ、“この人、すごっぉ!”って、思ったよ。ビンシーの歌の披露があった後、息子さん達とハッピーバースデーを歌い、 いただきます!

手前左から、ビッグな骨付き豚ロースト、ポークとドライポテトの煮込み、チキン&ピラフ。その上がポークカツのようなフライ、ポテトサラダ、生野菜、マカロニサラダ、もう1種類のピラフ、オニオンと白身魚のフライ、白いご飯。

ご飯が大量にあったので、「ライス1袋使ったんじゃないの?」と聞いたら、「20lb(9kg強)、全部は使っていない。」とのお返事。どう反応していいのかわからなかったけど、ご飯だけですごい量だったのは事実。辛味のソースは別にあり、お好みで食べられるようになっていた。

PC080022.jpgそしてデザートは、マフィン、バナナケーキ、レモンケーキ、ライスプディング。
マフィンのフロストは、三男のブランドンがお手伝い。
ブランドンは、めちゃくちゃ恥ずかしがり屋でかわいかったぁ。彼は毎週日曜日、教会で中国語を習っている。だから、シルビア家には中国の飾り物もちらほら。

ご主人の兄弟家族が来る度に、ほっぺにチュ!の挨拶をされ、“これがペルー式なのね。”と思っていた横で、恥ずかしがりながら1人爆笑していたスー。慣れないアジア人は、普通に緊張するもんさ。

私は誕生日プレゼントとして、卵のオーナメント5個と、小さく折った千羽鶴にグロスを塗り、ビーズをポイントに和風なピアスにしてみたものをプレゼント。お初な試み。“このピアスはどうよ?するか?”と眉間に皺を寄せながら考えたけど、意外や意外、かなり喜んでくれて、速攻つけてた。でもって、「2個目は作らないでよ!そしたら、売っちゃうから!」って。世界で1個的な所がうれしかったよう。チーズケーキのように売られては悔しいので、もう作りません。(笑)

6時半頃、帰宅。Mr用に料理を少しずついただいてきたのだけど、Mrが「これだけあったら、普通なら口に合わないものがあるだろうに、全部美味い!」と感心しながら、食べてた。
シルビア、ご馳走様でした!そして楽しい時間をありがとう。この翌日はスーの誕生日。実は、私達3人共12月生まれなの。

 Happy Birthday to Silvia & Soo!!  

テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

コメント

美味しそう!

写真を見て「おぉーーー!」とPC前で叫んでしまいました。

だってペルー料理、大好きなんですぅ~♪
美味しいですよねー、ホント。
日本人の口に合うと思うのですが、イマイチ日本では
メジャーな料理じゃなくて残念なんですが。

お友達のお料理もきっと美味しいんだろうなぁ~って
勝手に想像してしまいました(笑)

ところでLATIN系の人には、やたらホセが多すぎて
みんなホセかJUANで覚えにくかったのを思い出しましたわ。

すごーい

私も「ウォ~!」ってさけんでしまいました。
すごい量ね。しかもおいしいなんて!ペルー料理って食べたことないけどどこかで見つけたらトライしてみよーっと。
クリスマスツリーも素敵ね。ゴージャスだわ。

写真にはなかったけどイケメンの息子さんたちにも興味があるわーv-10

v-385たけさんへ
私はつい最近、ペルー料理を食べに行ったけど、おいしいですよねぇー。個人的には、チャイニーズより口に合うんじゃないか?って思いましたもん。
ホセって名前の男性、本当に多いですよね。夫と「ホセって、聖書とかに載っている有名な人の名前だったりするのかなぁ?」と話をしていた日曜日。ロシア方面にはマリアさんが多いような。なんか面白いですよねぇ。

v-385よーこちゃんへ
すごいでしょ、この料理!私もシルビア家で何回、ウォー!って雄叫びをあげたことか。v-528
ペルー料理、おいしいから!見つけたら是非!よーこちゃんがCTに戻ってきたら、まずペルーレストランに連れていくことにしよう。
息子さん、特に長男!お薦めです。薦めてどうするって話だが。(爆!)
さすが兄貴!と言うのか、優しさに包み込まれる感じとでも言いましょうかね。シングルだったら・・・もう少し若かったら・・・なんて思っちゃう感じよぉーi-178 私の目がハートになっちゃうぜ。 
 

お次は・・

ホント凄い量の料理、そして美味しそうですね。
ホテルのバイキングかと思ってしまいました!
これでBGMに「コンドルは飛んでいく」なんて流れていたら、もろペルシャ!って感じでしょうか・・(笑)
次はkikiさんのバースデーですね。
忘れないうちに"Happy birthday to you!"

↑因みにスペイン語のホセ(Jose)は英語のJoseph(Joe)と同じですね。聖母マリアの夫、ヨゼフ(ヘブライ語)が語源だそうな。

ドリアンさんへ

i-194 黄金のコンドルよぉ~~ v-264
歌詞はそこしか知らないのですが、本日のバスルームカラオケはこれに決まりです。ドリアンさんのコメントのお陰で、今、頭の中に流れまくちゃってますから。i-235

私も彼女に、「ペルビアンバッフェみたい!」と言ってしまいました。これを一人で作ったなんて、やっぱりすごい人だわぁ・・・
Joseはやっぱりジーザスさん関係のお名前だったんですね。さすが、歩く百科事典のドリアンさん!お言葉もありがとうございます i-178 うれしいです!
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。