2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

Wadsworth Anthenaeum Museum of Art - Part II

今日はママの日でしたね。道路沿いで、ガソリンスタンドで花を売っている車をあちこちで見かけた今日。今年は感謝の気持ちを示す事をしなかった息子と娘がこの家に2人いる・・・この場を借りて、
母上!いつも色々と気遣い頂き、ありがとうございますっ!!私たちにとってもお2人が元気でいてくれることが一番うれしい事なので、これからも体に気をつけて、好きなことを楽しんで欲しいな、と思っています。 by ムスコとムスメ

さて、本題へ。1週間前の話だけど、久しぶりにハートフォード市内にあるWadsworth Anthenaeum Museum of Artへ行って来たので、その話を。My Blog #158で紹介した事があるので、タイトルにPart IIを入れてみた。

P5030556.jpgBank of Americaの特典で入場料がフリーだったので(これに関してはMy Blog #650を参照下さいませ。)、まずは近場から、と思って出かけたけど、やっぱり考える事は皆、同じなのかな。人が多かった気がする。特に館内のレストランは。
写真は、美術館の出入り口から見たハートフォードの景色。ここはビジネス街だけど、外れるとあまりいい雰囲気とは言えないエリアに入っちゃったりするハートフォード。

P5030557_20080511122455.jpgMrが見たかったのはこの特別展・IMPRESSIONISTS by the Sea
残念ながら、今日で展示終了してしまったけど、沢山の人がこの印象派の特別展に足を運んでいたこの日。絵画の説明を聞きたい人は、携帯で聞けるようになっていた。聞いてみたが、あまりにも意味不明で1つ聞いてやめた。
タイトル通り、海の絵や写真が展示されていたけど、フランスの、あれはどこだったのかな、フランスのとあるリゾート地の風景が多く、ルノアール、モネ、マネ等、私が知っている人の絵も多くて、想像していたより楽しめた。また、写真や絵に描かれている人の格好も興味深く、“紫外線対策ばっちりだったんだなぁ。” “海なのに皮靴だ!” “これが夏だったら、貧血起こすよ。” 今ならパラソルなのに、小さなサーカスのようなテントや小屋が海岸沿いに置かれていたり。海見えないじゃん、みたいな。美術鑑賞とは違った所で楽しく鑑賞していたかも。

P5030545.jpgP5030544.jpg
どんな格好だったかと言うと、こんな感じ。
こちらは1階の常時展示なのだけど、今回の特別展に合わせて、ビーチでの衣装が展示されていたのだと思う。昔のアメリカのビーチでの衣装だったかな。左の衣装、どんなウエストしているんじゃ?って思うぐらい細くて、「ほっそぉー!!」と独り言。グッと締められたコルセットを付け、夏のビーチ。拷問だね。大変だっただろうな、昔のセレブ女性は。

P5030546.jpgそして、こちらが現在の、典型的アメリカ人の姿かな。(笑) なぜかレストラン前に展示されていたんだけど、意味があったのでしょうか。
どんなにふくよかでも気にせず水着を着れ、サイズも豊富にあるアメリカ。そして、暖かくて天気がいいと、ビキニ姿で日焼けに精を出す。家のアパートにもそういう人が居るけど、いつから日焼けがトレンドになったのかな。そして、まだまだ美白とは無縁の人が多いアメリカ。

P5040572_20080512002136.jpg結局、時間がなくて全部を観て周れなかった今回。最後は、TJが先に始めていたこのゲームをNちゃんと私も後からやり始めたのだけど、途中で時間切れ。このゲームは子供向けだけど、結構楽しんでいた私。これから行かれる方がいたら、遊んでみてくださいな。場所は2階・Faith & Fortuneの展示エリアですよ。
それにしても、美術館って閉館時間にきっちりお客さんを出していくけど、ショップにも入れてもえなくてちょっと驚いた。どこの美術館もそうなのかなぁ。

200710131 オマケ写真。
P5030542.jpgなんだこれぇ~!と笑える展示物も多い美術館。どういう人がこれを持っていたのだろう?使っていたのだろう?作らせたのだろうか?と考えるとまた楽し。笑える所の共通点ってどんな時代でも変わらないものなのかも。
まずはギリシャから。手のひらサイズの小さなものだったけど、しばし目が釘付けになったので、パチリ。思い切りボケていてすいません。

P5030553.jpgP5030555.jpg

細かさと精巧さに驚いた陶器人形だったけど、笑えるものもちらほら。左はお猿。何で ? サーカスの名物お猿だったのか?右はゲゲゲの鬼太郎に出てきそうで、思わずパチリ。実写版ゲゲゲの鬼太郎を見てみたいな、と思う最近なもので。
昨日はMrの事を、目玉おやじの真似しながら、「おい!目玉~!」と呼んでいた私。色んなキャラになれていいね、Mrの丸顔。(そうじゃないって?)

ということで、Wadsworth Anthenaeum Museum of Artのお話終了! kiki印

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ