2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

シカゴよ、またいつか来るぜ! の巻

本日第2弾のシカゴ話。そしてシカゴ最終話。

2008年9月7日(日) 晴天のシカゴ!

社長お迎えの為、朝、7時過ぎにホテルを出たMrから、8時半ごろ電話がかかってきて、「9時半頃、ホテルに到着になりそうなので、宜しくお願いします。」と。そしたら9時前に、「9時10分頃には着きそうです。」と再度電話があり、慌てて部屋を出てホテル玄関前へ向かった私。

P9070549.jpg私のシカゴ滞在の予定にはなかった、社長のお出迎えとチェックインのお手伝いをする事になりまして。お初に会う社長だし、会社のお偉いさんと会う機会は滅多にないので、朝の肌寒さを感じながら、ドキドキ緊張。待ちながら、ふと社長のファーストネームを知らなかった事に気がつき、“(チェックインの時)苗字だけでわからなかったらどうしよう!” 1人でかなり焦ってしまったのだが、その心配は必要なく、チェックイン終了。よかった、よかった。
社長とMrと専用エレベーター前でお別れした後、部屋に戻ってきたMが、「社長が、あなたも含めて11時に早めのお昼を取ろう、って。」と。お気持ちうれしす。でも気持ち重し。

P9070554.jpgということで、お昼をどこで食べようか?と探索がてら、朝の散歩に出来てきたMrと私。ここはどうか?というレストランを決めた後、ミレニアムパークへ。日陰でコーヒー飲みながら、初秋の風を感じながら、気持ちのよい日曜の朝であった。

気持ちよくたたずんでいたら、いきなり口からブシューッと水が出てきて、Mrと「なんだこりゃ!」と爆笑。これも芸術ってやつですか?どうせやるなら、鼻の穴からブシューッと水を出して欲しかった、と話していた私だけど、やっぱり鼻から水を出すのは、out of artになってしまうのだろうか?

P9070556.jpg場所を移動し、オブジェ前に。
夕方ではなく、日中に見る方がこのオブジェはやはり綺麗ですなぁ。

P9070559.jpgMrが仕事電話している間、オブジェに写る自分を撮影して遊んでいた私。1人だったから、旗から見れば変なアジア人だったかも知れぬが、kiki、シカゴ参上!の証として・・・アルバムに残る1枚となろう。たぶん。

Mrは後から来る出張者のお出迎えでロビーに残り、私は部屋へ。10時45分頃部屋を出て、荷物をクロークに預けてからロビーに行くと、すでに社長がいて、Mr達はチェックインの列に並んでいた。
レストラン選びに外に出たけれど、私は12時にGちゃんが手配したリムジンで奥さんのRさんと一緒に空港へ行く予定になっていたので、結局、ホテル内のレストランで食事を取ることに。

食事前の会話中、独身の出張者に対し、私が「優しい方だからこれからまだまだチャンスはありますよ。」って言ったら、社長に「口が上手いなぁ。」と言われ、「jumee☆surprise7 えぇ--!(爆)」 知らない方ではなかったから、思った事を言っただけだったんだけど、予想外のお言葉が返ってきて、1人アタフタ・ゲラゲラ。OL時代だったら、そんな言葉も軽く交わしていたはずで、社会から離れすぎてしまっている自分を知り、そして、“あぁー、日本だぁ~。”と懐かしく感じてしまった。

朝食と昼食の間の時間であったせいか、食事がサーブされたのは11:45。グリルド・チキンサンドイッチをグワァーッと勢いよく食べていたら、GちゃんとRさんの姿発見。(食事をしていた所からロビーが見えていたので。) サンドイッチは半分しか食べられず、「すいません、お先に失礼しますっ!ご馳走様でしたっぁ!」 慌しくその席を後にした私。

私達のフライトはほぼ3時だったのに、Gちゃんが渋滞を気にしてホテル出発を12時にしてしまってて。帰りのお車も黒塗りキャデラック。“電車が不安なら、タクシーでもいいのに・・・。”と思ったけど、滅多にないVIP待遇気分を味わえたよかったかな。

Rさん 「ハニー、じゃぁ、私は行くわ。」 
Gちゃん 「火曜日に会おう。愛してるよ。」
Rさん 「私も愛してるわ
そして、お決まりのハグ○ jumee☆LoVe1 キスX。私はというと、もちろんMrの見送りはなく、Gちゃんに○Xする理由も気もないので、「Thank you!」とだけ言い、バイバイ。時間差で、日本とアメリカを見た感じ。車の中では、運転手とRさんのひたすら続く会話に、一秒たりとも参加出来なかった私。 jumee☆loud laugh4

渋滞なく、12時半前には空港に到着してしまった。Rさんは荷物を預けると言うので、チェックインカウンターへ並び、私はカウンターの向かい側にあったモニターからチェックイン。チェックインを済ませたRさんが、「完璧出来たわ。いつもは主人がいるから、1人でちゃんとチェックインしたのは初めてなのよ。」と言うので、驚いた。私が「私の席はまだ決まっていないので、ゲートのカウンターで聞かなくちゃです。」と伝えると、えらく心配してくれちゃって。(笑)

待ち時間中、私がトイレに行っている間に私の分のボトルのお水を買ってくれてたり、「レース編みのストールのパターンを見つけたら郵送するから、住所を教えて。」と聞かれたり、とってもいい人なRさんであった。ハートフォードに到着すると、迎えに来ているであろう息子さんには会えなかったけど、駐車場までのシャトルバスを私と一緒に待ってくれようとしてたので、「私は大丈夫です!」と断ったら、曖昧な別れ方になっちゃって。アメリカ人同士なら、軽くハグし合うのだろうけど、お互いどうすべきかわからないままバイバイ。申し訳ない気分になりながら、空港内へ戻っていくRさんを見送り、2泊3日の短いプチシカゴ旅行終了! 短くても、シカゴへ行かせてくれたGちゃんに感謝。 ありがとう! kiki印

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

オブジェに写る自分の姿を撮るkikiさんが、ほほえましいーー。社長さんのお迎えミッション、お疲れさまでした~。これを機に、お仕事のオーダーが入るかもよんv-218
ところで、日本の会社の社長さん、だよね?

313さんへ

こんな感じで、自分の姿を何枚も撮っていた私です・・・i-229
はい、社長はMrの日本の会社の社長さんです。お会いする前の方が緊張していたんだけど、会社の上の方達とどう接していいのか、頭グルグルしちゃって、なんかもう日本に戻っても働けないかも、って思ってしまいましたわ。あははははぁ~~
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ