2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
     

Plimoth PlantationにGO! の巻

2008年11月9日(日)

DSC_0090.jpgESLのフィールドトリップ(遠足)で2度目のPlymouth, MAに行って来た。 今期お初の4つのタウンのクラス合同遠足。目的地はPlimoth Plantation & Mayflower II
今回も参加費$20。参加は自由だけど、家族や友達も加わって総勢113人って言ってたかな?私達のバスはほぼ満席御礼状態。
DSC_0091p.jpg
集合時間7:30。ひっさしぶりに早起きをしたものだから、バスの中ではうとうと 途中で軽く目が覚め、薄目を開けたら、Mrと私の席の前に座っていたケビン(シルビア次男)、更にその前の席に座っていたシルビアが私を見ていて、薄目開けたり閉じたりしながら、“何見てんねん!” しかし、完璧目覚める事が出来ず、再び
はとこさんから後で聞いた話に寄ると、シルビアが「kikiが寝てる!見て!」と言ったらしい。夫婦して寝ていた姿が面白かったのかどうか良く分からんが、ブッサイクな寝顔を見られた上に薄目開けたり閉じたり。hahaha 自分の顔を想像するだけで恐ろしい... あとからシルビア長男のホセに「バスの中でよく寝られた?」と聞かれるし、全く恥ずかしいったらありゃしない。jumee☆ohwell2L

そんなスタートを切った今回の日帰り旅行のお話は、プリマス・プランテーションからスタート!
一緒に参加したはとこさんのお話frogと、前回のプリマスのお話(My Blog #34frog)を読んでいただけると、どんな所かより分かると思います。

10:10頃到着。まずはビジターセンターでプリマス・プランテーションの説明映像を13分見た後、12:30まで各自自由行動。

DSC_0009_20081111224542.jpgDSC_0008p.jpg
前日の土曜日は雨だったのに、この日は遠足日和なお天気!
まずはNative Peopleの村/Wampanoag Homesiteから。17世紀のWampanoag族の生活の様子が見れる所。
彼らはネイティブ・ピープル。の事ををインディアン、ネイティブ・アメリカンと呼んではいけないんだって。そう名付けたのは彼らじゃないから。日本人をジャップとかイエローモンキーって言うのと同じ感覚になるのかな。入り口に酋長さん?が居たので、一緒にパチリ。シルビア家族も居たので、写真を撮ってあげたんだけど、まったシルビアが「kiki!」と大きめな声で言うものだから、酋長さんが「Hi, kiki. How are you?」 何度かシルビアの「kiki!」を聞いたこの日、JJがシルビアの真似して「kiki!」と呼ぶから笑っちゃったんだけど、シルビアさん、公共の場で突然名前だけ叫ばんでくれ!

DSC_0012_20081111224550.jpg酋長さんが座っていた後ろの方では、昔ながらのやり方でカヌーを作っていた。同じようにカヌーを作っている様子は、Mashantucket Peaquot Museum(My Blog #402)でも見た事があるけど、道具がなかったその時代の知恵だよね。
ここで写真を撮るとやたらシルビアが映り、ちょっと邪魔よ!と思っていたその時、煙がシルビアを隠してくれた。ナイス! jumee☆SaturdayNightFeverL

DSC_0017.jpgDSC_0018.jpg
Native Peopleの家は樹皮と藁で作られた2タイプの家があり。今思ったんだけど、冬はプリグリム(入植者)の家よりかなり温かいかも。

DSC_0019_20081111224620.jpgDSC_0022.jpg
外では女性3人がお料理中。1つの鍋(右写真)には貝が。もう1つは、ターキー(七面鳥)、オニオン、ガーリック、クランベリーが入ったスープを作っていた。ランチ時の説明の、私の理解によると、ネイティブピープルの人は貝や魚で塩分を取っていたので、塩を使った料理はしていなかったそう。加える場合は食べる時に足していたらしいよ。

DSC_0062_20081112002625.jpgDSC_0034_20081112002636.jpg
そしてお次ぎは、1620年にオランダからメイフラワー号に乗ってこの地へやってきたイギリス人/プリグリム(入植者)の村/1627 English Villageへ。1627年頃の彼らの生活を見れる所。まず最初にすごいじゃん!と思ったのが、右の写真の見事に積み重ねられた薪(右側)。その隣には、今も昔もそんな変わりはない感じの石釜もあり。

DSC_0050.jpgDSC_0049.jpg
屋根の上に乗っていたはしごが気になった家。家の裏には畑や家畜が飼われていたり。
DSC_0048_20081112004852.jpgDSC_0061.jpg

天気がよかったので、マットレス、枕やブランケットが干してあったり。
DSC_0068_20081112002852.jpgDSC_0052.jpg
我らの男性陣がフェンス越しに家畜を見てたり。MrがJJと同じ背丈で、おや?と思ったら、やっぱり丸太の台の上に乗ってたわ。(笑)

このビレッジにも、その当時の格好をした人達が本当にここで生活しているかのように住んでいて?私達にその様子を見せてくれている。沢山質問しても写真撮影しても大丈夫。

いつものことだけど、どんだけ写真載せればいいんだ?という状況になってきましたなぁ。続きの話はお次ぎに続くってことにしませう。 kiki��

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ