2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

Mayflower II とPlimoth Rock! の巻

DSC_0105.jpgDSC_0104.jpg
Mayflower II

ここに展示されているのはもちろんレプリカだけど、船の大きさはオリジナルと同じ。大きそうに見えるかもしれないけど、全長106.5feet(32.5m)、船幅が25.5feet(7.8m)。これに乗って100人もの人がオランダからここまでやってきたとは思えないお船。お天気がよかったせいか、メイフラワーII号でもブランケット等が船の上で干されていた。(笑)
DSC_0097.jpgDSC_0093.jpgここは船に乗って最初に目にしたForecastle。辞書を引いたら、船首楼(船首部に一段と高くなった部分)だって。メイフラワー号はここがキッチンだったよう。左側にはレンガで作られた釜、右側にはハンモックもあって、この船の中で一番快適に過ごせそうにみえた場所。

DSC_0099_20081112111937.jpg私の記憶によりますと、キッチンの反対側の先端にあったGreat Cabin。マスター(コマンダー)ルーム。船長/キャプテンの部屋ってことかな。ここの床が結構傾斜あり。マグが革製だったのにちょっとびっくり。

DSC_0101_20081112111950.jpg
ここはこの船の中で一番高い場所にあったRound House。ここで航路を決めたりしていたらしい。位置的には、マスタールームの上の最上階。マスタールームの下の階にはGunroomがあり、大砲が備え付けられていた。

DSC_0106.jpgざっと船内を見学した後、出発時間まで少し時間があったので、すぐ近くにあるPlimoth Rock見学に。このプリマスロックは、1620年にやってきたプリグリムが、この地に降り立った時に第1歩を踏んだ石、とされている。信じる人は... いないだろうね。(笑)
この写真ではよく見えないかもしれないけど、石の上に1620と彫られているの。以前来た時より、石に刻み込まれている1620年の文字が薄くなったような。

DSC_0108.jpgここPlimoth, MAは、アメリカのサンクスギビングデーの発祥地!なので、kikiさん、ローストターキーになってみましたわ。
やはり、この時期は多くの観光客がここPlimothに来るそう。

サンクスギビングデーの起源を簡単に話すと、1620年12月にイギリスの清教徒団(プリグリム)がメイフラワー号に乗ってプリマスに到着。寒さと飢えにより多くの人が亡くなり、生き残った人たちがネイティブピープルから農耕、狩猟の仕方を教わったのであ~る。この地で生きて行く術を学んだって事ね。彼らは収穫の感謝を神とネイティブピープルにする為に祝宴を開いた、これがサンクスギビングデーの始まり始まりのお話。
そんな感謝もいつの間にか忘れられ、彼らはネイティブピープルを迫害し、持ち込まれた伝染病等でネイティブピープルは命を落とし、今なお差別を受けていたりするんだから、ひどいったらありゃしない。

遠足の方は、ほぼ予定通り3:30頃にメイフラワーII号前を出発し、6:15pm集合場所だった駐車場に到着。天気がよかったこともあって、楽しい遠足となりました。チャンチャン kiki��

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ