2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

HARVARD MUSEUM of NATURAL HISTORY!

今日、ESLに行く途中のアパート内でキジを見た。私の車が彼の真横を通り過ぎるはずが止まってしまったものだから、オロオロオタオタしてたキジ君。そう言う時に限って、カメラを持っていないのだけど、そこで私は、“おぉ~!私って桃太郎みたい!”と思ってしまったのである。その後、猿にも犬にも会わなかったんだが、一瞬でも桃太郎みたいだと思ってしまった自分に言葉をなくしながら、ESLへ。大の大人が桃太郎って...やっぱ変じゃないか?と思うわけで。テンテンテン

P7060003.jpgP7060078.jpg

写真を取り込んでおいたままになっていたので、引き続き観光ポイント?ハーバード自然博物館と隣接しているPeabody 考古学&人類学博物館?をご紹介。時は2008年の夏、7月6日(土)の話なので、今現在と展示物が変わっていたりするかもしれませんが、ご了承くださいませませ。

HARVARD MUSEUM of NATURAL HISTORY &
PEABODY MUSEUM OF ARCHAEOLOGY AND ETHNOLOGY

P7060009.jpg入り口右側から見て回ると、鉱石類や隕石の展示コーナーとなる。面白いような面白みがないような展示物だけど、何千年もの歳月をかけて作られた鉱石は摩訶不思議。すごいよねぇ、地球って。
貝だってオパールになっちゃったりするし、巨木が化石になっちゃうぐらいなんだから。(興味のある方は化石の森国立公園記事をご覧下さい。)

P7060026.jpgP7060027.jpgP7060007.jpg

隕石は鉄の塊のようだったし、宝石の原石やら写真のように自然で作られたものとは思えない形の鉱石類が大小様々展示されていた。右の金塊は、「こんな塊で見つかっちゃうの!!」と驚いてみたら、レプリカだった...

P7060039_20081016123843.jpgP7060049.jpg
ここはPEABODY MUSEUM OF ARCHAEOLOGY AND ETHNOLOGYの展示物。
グアマテラやメキシコのマヤやインカの展示物(特に壁画系が多かったかな。)やミクロネシア辺りの民族の展示ルームがあったり。マヤ文明は触れると興味深く調べてみたくなる、不思議な文明&民族だよね。いつかマチュピチュも行ってみたいなぁ。

P7060051.jpgP7060055.jpg
こちらは、また自然史博物館へ戻って、植物&昆虫コーナー。

P7060067.jpgP7060069.jpg
そして動物コーナー。場所によって薄暗かったり狭かったり、剥製の皮がめくれちゃってたりするんだけど、野生動物&野鳥、恐竜などが展示されている。一番奥の哺乳類ルームでは、天井に骸骨クジラがどーん!(写真左)

P7060075.jpgP7060074.jpg
こちらは植物のガラスの模型ルーム。植物学者でもあり、ガラス職人でもあったドイツ人ブラシュカ親子が、1886-1936年にかけて作ったガラスの植物模型。ガラス細工とは思えない色と精巧さ。ほぼ実物大の大きさで、茎を切った場合、雌しべや雄しべ、花びら、ガクや種子など、めちゃくちゃ細かくてびっくりよ。ここには830種類以上の植物のガラス模型が展示されているそう。

あまり期待しないで出かけたけど、私達が思っていたより広かったし、興味深く見れた所も多かった博物館であった。この日は運良く美術館前に路駐出来たので、駐車時間気にせずゆっくり出来たのもよかったな。(確かCTもそうだけど、日曜日はコインパーキングは無料のボストン。)
Bank of Americaに口座をお持ちの方は、来年の4月まで、毎月第1週目は入館料フリーで見られるので、それを利用して、興味のある方もない方も一度行ってみるといいかもです! kiki��

テーマ : ボストン
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ