2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
     

ユタ州スキー場・ALTA

P1020423al.jpg新年のユタ州滞在中に行ったスキー場2カ所目は、ALTA アルタスキー場!
前日の元旦に行ったSnowbird(スノーバード)の隣(奥)にあり、スキーヤーオンリーのスキー場。なんとなく町営スキー場ぽい雰囲気があり、場所によっては意外と混んでいて、その景色をリフトから見ていると日本のスキー場を思い出し、懐かしく感じてしまった。

P1020425al.jpg今回のスキーリフト券は、MrがExpedia.comで購入したこちら。
7日間有効でその内3日間使えるリフト券($180/人)で、使える場所はSnowbird, Alta, BrightonSolitudeの4カ所。結局1回も乗らなかったけど、市電やバスもこのパスで乗れるの。

この厚紙型パス券に磁気が内蔵されているのを知ったこの日だったのだけど、ここアルタでは、これ自体がリフト券として使用。いわゆるスイカみたいな感じとでも言いますか。リフト乗り場に改札口のような自動読み取り機が置いてあり、そこで読み取れないとバーが開かない仕組み。ポケットに入れておくだけで読み取ってくれるので、面倒はなかった。

まずは一番上の写真の場所からクワッドリフト(4人乗りリフト)に乗ろうと列に並んでいたら、リフトが止まり、故障によりしばらく動かなくなってしまった。「リフトに乗ってる人は最悪だぁ。」と言いながら、ロープリフトに引っ張られながら、お隣のリフト乗り場へ移動した我ら。

P1020428al.jpgどこコースだったか全く覚えてはいないけど、Mrの滑りフォト1枚アップ。
ゲレンデが貸し切り状態になる事は、VT州のスキー場でもよくある事だけど、人のスピードや存在を気にせず好きなように滑れるのは、非常に楽しい!!それもコブなしフラット。この状況、考えてみるととっても贅沢だよね。お正月休み中なのに、この環境は日本のスキー場ではあり得ないと思うから。

P1020430al.jpgこの日のランチは、2人ともバーガー。Mrはチーズバーガーだけど。レタスやトマト等は別に置いてあるので、好きなようにトッピング可でございましたよ。
ランチしたこの場所に黒人さん家族が1組いたのだけど、12/31に空港に到着してから、ほとんど白人しか見ていなかったと気がついた私。滞在中、ここで見かけた黒人さん家族が唯一の黒人さんだったの。アトランタとは真逆の街Salt Lake City。

もう1つランチしながら気がついた事は、スキーウェアーの下にビーコンをつけている人が多かったこと。同じテーブルでお昼を食べていた人は、Mr曰く、ビーコン内蔵のウェアーを着ていたそうな。これって遭難した時、もしくは雪崩に巻き込まれた時、自分の位置を知らせる事が出来る装置なんだよね。

またリフト待ちをしている時、Mrが「すげぇー、あんなの持ってるよ。」と驚いていたんだけど、雪崩に遭った時に人を捜す道具で、ゾンデ棒(プローブ)という物を持っていた人も意外と多かったこと。繋げると3mぐらいのポールになるんだってさ。雪崩が起きた時、雪の中に埋まってしまった人を捜す時、これをブスブス刺して探したりするらしい。私達がユタに行く1週間位前だったか、ユタのどこかのスキー場で雪崩がおき、巻き込まれた人の救助のニュースを見たけど、岩山だし、傾斜が急な場所が多いから、雪崩が起きやすいのだろう。要はアグレッシブなスキーヤーが多ってことなんだけど、私もそんなスキーヤーだったら、雪と共にスキーに出かける女になっていただろうよ。

P1020433al.jpg食後、目の前のリフトからリフトを乗り継ぎ、アルタの一番左側のエリアへ向かった。(このリフト名はSupreme)2回目だったかな?同じリフトに乗った人が、山男男的でっかい人でね。それもストックを持っている手が素手。驚いて話しかけてしまったんだけど、モルモン教の宣教師として世界各国回っている(いた?)、スキー歴32年ワイルドな37歳!日本には北海道に滞在した事があり、「日本の食事はおいしかった!」と話し、「カルフォルニアロールは寿司じゃない!!」と。(笑)
降りる間際、「冬になるとお風呂や温泉に入れないのが寂しい。」と話をしたら、「オフロ、ナツカシイィ~ナァ~~」と日本語で叫びながらリフトを降りて行った。宣教師にもあんな体格とパワフルさを持った人がいるとは。(笑)

P1020436al.jpg到着した場所(標高10.450ft / 3,135m)の眺め。
もっと山々が連なる景色かと思いきや、遠くまで眺められる広い盆地の景色だった。このスキー場で一番標高が高い所は10,500ft/3,150mあり、お隣のスノーバードとつながっている所。1チケットで行き来が出来るらしいよ。でも、スノーボーダーはスノーバードからアルタには入って来れないけどね。

P1020437al.jpg
私達はリフトを降りて右側へ向かったけど、左側、更に歩いて行かなければいけないコースへ行く人も結構多かった。
ロープから先は、何が起きてもスキー場では責任を持ちません、のエリア。

P1020443al.jpg

そのままEasy Way Downコースに行っても斜面の角度は変わらなかったので、2度目はショートカットコースで降りてみた。斜面の角度は、Mrの後ろに写っているぐらい。

P1020446al.jpg
私達がVT州で行くスキー場・Mt. Snowでは見られない景色を眺めながらのアルタでのスキーは、寒かったけど、楽しかった!行くまでが面倒だけど、行ってしまえば楽しいスキー!ソルトレイクシティー近郊に住んでいる人は30-40分位でスキーに行けて、その気軽さが羨ましいぞよ。

P1020422wb.jpgホテルに戻って温泉で体を癒す事は出来ないので、ユタビールで和みの時間を。
私達がスキーをしていたWasatch-Cache National Forestにちなんで、Wasatch Evolution Amber Aleをグビグビ。
そしてMrのいびきと戦いながら

スキー場紹介だけのはずなのに、こんなに長くなってしまってごめんなさい。3カ所目、最後のスキー場はBrightonです。kiki��

テーマ : スキー場情報
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

Click for ハートフォード, Connecticut Forecast

プロフィール

kiki

Author:kiki
アメリカ・コネチカット州の田舎町でMr(夫)と二人暮し。3年の予定だったコネチ生活は17年目に突入!2011年2月に永住権ゲット。これでも一応、駐在・駐妻でござ~い。

**普段Macで更新しているので、Windowsで見ると文章と写真にズレが生じるかもしれません。**

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ